女性の美に貢献するcontributionがお届けする情報サイト

アミノ酸シャンプーの6つの主成分と正しく覚えたい成分表示の見方

2018.10.29

  • カテゴリ:
  • ヘアケア
  •   PR記事

アミノ酸シャンプーが欲しいけれど、アミノ酸「配合」シャンプーなど似たようなシャンプーが複数あり、どれが正しいアミノ酸シャンプーなのか分からないと悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

複数ある商品の中からアミノ酸シャンプーを見つけようと、成分の記載を見てもどの成分が入っていればこれが正しいアミノ酸シャンプーだ、と本物を見つけるのは至難の技とも言えるでしょう。

本物のアミノ酸シャンプーを見つけるためには、アミノ酸シャンプーの主成分を把握することに加え、成分表示を正しく読み取れることが大切です。

今回は成分表示の正しい見方と共に、アミノ酸シャンプーの主成分となる6種類のアミノ酸系洗浄成分の異なる特徴についてご説明していきます。

アミノ酸系洗浄成分が配合されているかどうかはシャンプーボトルで確認できる

シャンプーのパッケージには、そのシャンプーに配合されている成分が一覧で記載されています。この一覧の正しい見方が分かると、今あなたが使おうとしているアミノ酸シャンプーが本物なのかどうかが分かります。

合わせて、どのような成分がどのくらい入っているか、シャンプー全体の品質も分かるようになります。

まずは、シャンプーの成分表示について見ていきましょう。

シャンプーの成分表示は、配合割合の多い成分から順番に記載されています。

ほとんどのシャンプーは50~60%が水、30~40%が洗浄成分、粘り気を出すための増粘剤や香料などはそれぞれ1%未満の割合で配合されています。

シャンプーを選ぶ時に重要なのが、主成分である洗浄成分です。

主成分がアミノ酸系洗浄成分(アミノ酸が配合された汚れを落とす力を持つ成分)の場合は正しいアミノ酸シャンプーとなり、他の成分だった場合は別の種類のシャンプーとなるのです。

アミノ酸シャンプーは6種類のアミノ酸系洗浄成分のどれかが主成分となっている

アミノ酸系洗浄成分は、以下の6種類に分けることが出来ます。

  • 〇〇グルタミン酸
  • 〇〇アラニン
  • 〇〇グリシン
  • 〇〇タウリン
  • 〇〇サルコシン
  • 〇〇アスパラギン酸

この6種類はそれぞれ洗い上がりなどの特徴が少し異なっています。

また、アミノ酸シャンプーとは、6種類のアミノ酸系洗浄成分のどれかが主成分となって作られているものを言います。そのため、この6種類の成分が入っているシャンプーを選びましょう。

この章では6種類のアミノ酸系洗浄成分の特徴について詳しくご説明していきます。

グルタミン酸

【ココイルグルタミン酸、ラウロイルグルタミン酸、ステアロイルグルタミン酸】

洗浄力(汚れを落とす力)が弱めで泡立ちにくいですが、その分肌や髪に対する刺激性が低くマイルドなので洗髪後の頭皮はつっぱりにくいという特徴があります。

アミノ酸の中でも一番しっとりとした使用感です。

アラニン

【ココイルメチルアラニン、ラウロイルメチルアラニン】

泡立ちが良く、強すぎない適度な洗浄力を持ち合わせているので、アミノ酸系洗浄成分の中でもバランスがいいという特徴があります。

使用感はスッキリとしています。

グリシン

【ココイルグリシン】

アミノ酸系洗浄成分の中では泡立ちが良く、洗浄力が少し強いという特徴があります。

肌に対しては泡切れが良く使用感がサッパリとしています。しかし髪にはきしみを感じやすくなっています。

タウリン

【ココイルメチルタウリン、ラウロイルメチルタウリン】

非常に低刺激で適度な洗浄力があるため、肌や髪を傷めずに優しく洗うことが出来ます。

泡の量は少ないですが、キメの細かい泡立ちをするためバランスがいいという特徴があります。

泡切れが良いので使用感はサッパリとしています。

サルコシン

【ココイルサルコシン、ラウロイルサルコシン】

アミノ酸系洗浄成分の中では洗浄力が弱いという特徴があります。

そのため使用感はスッキリとしていますが、肌や髪に対する刺激性が高くなります。

しかしアミノ酸の中では強いということなので、高級アルコール系シャンプーのような皮脂を全て洗い流してしまうほどの強さと刺激性ではありません。

使用感はアミノ酸の中で一番サッパリとしています。

アスパラギン酸

【ラウロイルアスパラギン酸】

泡立ちと適度な洗浄力を持ち合わせていることから、優しく洗うことが出来る非常にバランスがいいという特徴があります。

低刺激なので肌や髪に負担をかけにくく、使用感はスッキリとしています。

 

これらの洗浄成分は、いくつかを組み合わせて配合されている場合も多いです。

髪や頭皮の乾燥で悩んでいる方は、使用感がしっとりとしているものを主成分として使用しているアミノ酸シャンプーを選びましょう。

また、頭皮に炎症がおきていたりする場合は、これ以上肌を傷つけないために低刺激な成分、肌質がベトベトとしている脂性肌でお悩みの方は低刺激で使用感がスッキリとしているものが主成分として配合されているアミノ酸シャンプーを選ぶようにしましょう。

頭皮や髪を傷つける恐れがある成分が含まれているものは使用を避ける

シャンプーの洗浄成分は頭皮に優しいものだけではなく、脱脂力が強く、頭皮や髪に負担をかけてしまう恐れがあるものもあります。

それらはラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなど、高級アルコールと呼ばれているものです。

そして洗浄力が非常に強いため、本来頭皮を乾燥から守るために必要となる皮脂を根こそぎ洗い落としてしまうのです。そして乾燥から守るために皮脂を過剰に分泌してしまい、皮脂が毛穴に詰まり炎症をおこす可能性があります。

また市場にはアミノ酸シャンプーの他に、アミノ酸「配合」シャンプーと呼ばれている種類が流通しています。

一般的にアミノ酸シャンプーと呼ばれているものは、アミノ酸系洗浄成分を主成分としています。

一方で、アミノ酸配合シャンプーは主成分にラウレス硫酸ナトリウムなどを使用し、アミノ酸系洗浄成分は少量しか配合されていません。そのため、アミノ酸の効果よりも高い刺激性や洗浄力の方が強く出てしまうのです。

アミノ酸シャンプーと名前が似ているため、同じ商品だと勘違いして誤って購入してしまう恐れがありますが、似ているのは名前だけで、その効果は全く異なります。

このような洗浄力と刺激性の強いものの使用を避けるためには、シャンプーを買う際に必ず成分表を確認しましょう。

まとめ

シャンプーボトルに記載されている成分表示の見方は分かりましたでしょうか?

本当に頭皮や髪に良いシャンプーを見つけるためには、成分表示が分かることとアミノ酸シャンプーの主成分を知ることが重要です。

また、成分表示を確認することで、どのような成分が配合されているかだけではなく、どのような品質なのかも確認することが出来ます。

いい成分だけではなく、刺激性が高く使用を避けてほしい成分が配合されているシャンプーも成分表示を確認することで見つけることができ、頭皮を守ることが出来ます。

あなたの頭皮を守るためにも、成分表示を確認して良いアミノ酸シャンプーを見つけてみてください。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

関連記事

TOPIC : ヘアケア

髪を自然乾燥させるのはダメなの?髪が傷む理由と正しい乾かし方...

2019.11.27

TOPIC : ヘアケア

値段は関係ない!安いアミノ酸シャンプーであなたの悩みを解決する方法...

2018.10.25

TOPIC : ヘアケア

育毛剤の効果を間違えて覚えているかも!正しい効果と使い方を紹介...

2019.02.18

TOPIC : ヘアケア

皮脂で頭皮がべたつく!5つのことを意識して正常な分泌量に戻そう...

2019.10.03

TOPIC : ヘアケア

アミノ酸シャンプーが直接抜け毛に関係しない理由と抜け毛の改善方法...

2018.10.10

TOPIC : ヘアケア

頭皮の乾燥はフケに繋がる!乾燥を招く8つの原因と4つの対策方法...

2019.11.07