女性の美に貢献するcontributionがお届けする情報サイト

アミノ酸シャンプーってなに?性質や効果、見分け方をご紹介

2019.01.08

  • カテゴリ:
  • ヘアケア
  •   PR記事

みなさんはアミノ酸シャンプーをご存知ですか?

市場にはたくさんのアミノ酸シャンプーが流通しているので、ドラッグストアやSNSで目にしたことはあるかと思います。

しかし、存在は知っていても特性や効果などを詳しく知らないという方は多いかと思います。

そこで今回は、アミノ酸シャンプーとはどの様なものなのかをご紹介すると共に、その特性や効果、見分け方についても詳しくご説明していきます。

アミノ酸シャンプーとは?

主成分にアミノ酸系洗浄成分を使用しているシャンプーのことを『アミノ酸シャンプー』と呼びます。

ドラッグストアや通販などで2,000円前後で販売されているので、簡単に手に入れることが出来ます。

この章では、アミノ酸シャンプーの特性や効果についてご説明します。

頭皮や髪を優しく洗うことが出来る

アミノ酸シャンプーは頭皮や髪を傷つけずに優しく洗うことが出来ます。

主成分に使われているアミノ酸系洗浄成分とは、アミノ酸成分と汚れを落とす力を持つ成分を混ぜ合わせたものです。

そもそもアミノ酸とは、タンパク質を構成している成分です。タンパク質は髪や皮膚、血管などを作る成分なのでアミノ酸は身体の元になっている成分ということになります。

身体と同じ成分を配合しているので、アミノ酸シャンプーは頭皮や髪に害を及ぼすことなく洗うことが出来るとされています。

アミノ酸シャンプーの効果

アミノ酸シャンプーを使うことで、頭皮や髪にどのような効果があるのでしょうか?

メリットとデメリットをご説明していきます。

頭皮環境を整えることが出来る

アミノ酸シャンプーには頭皮環境を整える効果があります。

頭皮環境が整っていると丈夫で健康的な髪が生えてきやすくなります。

頭皮環境が整っている状態とは、皮脂を適量分泌しており頭皮の潤いが常に保たれている状態のことです。

一般的なシャンプーは洗浄力(汚れを落とす力)が強いので、頭皮環境を保つために必要な皮脂も汚れと一緒に洗い落としてしまい頭皮が乾燥してしまう恐れがあります。

しかし、アミノ酸シャンプーは適度な洗浄力と脱脂力を持ち合わせているので、頭皮に必要となる皮脂は守り余分な汚れや皮脂だけを洗い落とすことが出来ます。

皮脂を落とし過ぎないので、頭皮の乾燥を防ぐことが出来るのです。

また、保湿性が高いため、頭皮や髪に潤いを与えるので、洗い上がりがしっとりとして髪のボリュームを抑えてくれます。

低刺激なので、薄毛や抜け毛、炎症をおこしている頭皮に有効的です。

上記のことからアミノ酸シャンプーは以下のような方々にオススメです。

  • 頭皮や髪が乾燥しやすい方
  • 乾燥肌やアトピーなどの肌トラブルで悩んでいる方
  • 抜け毛や薄毛で悩んでいる方
  • 髪のボリュームを抑えたい方

良い効果がデメリットになることがある

アミノ酸シャンプーには素敵な効果がありますが、その効果は裏を返すとデメリットになってしまいます。

アミノ酸シャンプーが持つ洗浄力は適度ですが、他のシャンプーに比べると弱いです。そのため、しっかりと洗わないと余分な皮脂や汚れが残ってしまう可能性があります。

皮脂を過剰に分泌していたり、ヘアワックスなどの整髪料をたっぷりと使っていたりすると洗い残しが出やすくなってしまいます。

また、他のシャンプーと比べると少々高価なので、経済的に負担になってしまうかもしれません。

このようなことから以下のような方にはアミノ酸シャンプーの使用をあまりオススメできません。

  • 脂性肌(皮脂を過剰に分泌してしまう肌質)の方
  • ワックスやスプレーなどの整髪料を大量に使用している方
  • シャンプーにお金をかけたくない方・経済的に負担になってしまう方

他のシャンプーとの違い

シャンプーには種類があり大きく3つに分けることが出来ます。

  • アミノ酸シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石鹸シャンプー

頭皮や髪を綺麗にするという同じ目的でも、効果や特性はシャンプーによって全く異なっています。

この章では、高級アルコールシャンプーと石鹸シャンプーの2つをご紹介します。

高級アルコール系シャンプー

スーパーやドラッグストアで安価で販売されている一般的なシャンプーのことを高級アルコール系シャンプーと言います。

泡立ちが良く、値段が1,000円以下とリーズナブルなのが特徴です。

しかし、主成分に洗浄力の強い高級アルコール系洗浄成分を使っているので、頭皮や髪が乾燥してしまう恐れがあります。

頭皮の乾燥はフケや炎症などの頭皮トラブルの原因になります。

石鹸シャンプー

石鹸シャンプーとは名前の通り、石鹸を原料としているシャンプーです。

天然の素材から作られていることが多く、無駄なものを配合していないのでアレルギーなどをおこすリスクが低いと言われています。

しかし、高級アルコール系シャンプーと同じくらい洗浄力が強いので、頭皮や髪に負担をかけてしまいます。

アルカリ性なので、洗い上がりは髪がパサついてしまう恐れがあります。

アミノ酸シャンプーの見分け方

アミノ酸シャンプーを買いたいと思っていても、どのシャンプーがアミノ酸シャンプーなのか分からない方は多いかと思います。

この章ではアミノ酸シャンプーを見分けるための方法をご説明します。

成分表示を確認する

シャンプーボトルに記載されている成分表示を確認することでアミノ酸シャンプーなのかを見分けることが出来ます。

シャンプーの成分表示は配合量が多い成分から順番に記載するという決まりがあります。

アミノ酸シャンプーに限らず、大体のシャンプーは「水」が一番多く配合されています。そのため、主成分は水の次に記載されているものです。

以下の成分が主成分として使われていたら、そのシャンプーはアミノ酸シャンプーです。

  • 〇〇グルタミン酸
  • 〇〇アラニン
  • 〇〇グリシン
  • 〇〇サルコシン
  • 〇〇タウリン
  • 〇〇アスパラギン酸

これらの成分は1つだけ配合されている場合もあれば、複数配合されている場合もあります。そのため、主成分だけではなく、その後に続く成分もしっかりと確認しましょう。

また、上記の成分はそれぞれ効果や洗い上がりが少し異なるので、詳しいことは「アミノ酸シャンプーの6つの主成分と正しく覚えたい成分表示の見方」に書いてあるので、是非ご覧ください。

アミノ酸シャンプーとアミノ酸配合シャンプーは効果が異なる

名前に「アミノ酸」と付くシャンプーはアミノ酸シャンプーアミノ酸配合シャンプーの2つがあります。

この2つは名前が似ていることから、効果が同じだと思われがちですが、成分や配合量などの設計が全く違うので効果は全く異なっています。

アミノ酸シャンプーはアミノ酸系洗浄成分を主成分に使っていますが、アミノ酸配合シャンプーは主成分に高級アルコール系洗浄成分を使っています。

重要なアミノ酸系洗浄成分は補助役として少量しか配合されていないのです。

シャンプーの効果は配合割合の多い成分が強く出るので、アミノ酸配合シャンプーはアミノ酸の効果は期待できません。

そのため、間違ってアミノ酸配合シャンプーを選んでしまうと、乾燥や炎症などの頭皮トラブルをおこしてしまう恐れがあるので気を付けましょう。

下記の成分が高級アルコール系洗浄成分になります。これらが配合されていないものを選ぶようにしてください。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

アミノ酸シャンプーの正しい使い方

正しく髪を洗うことでアミノ酸シャンプーの効果を高めることが出来ます。

この章では、正しい洗い方をご説明します。

ブラッシングをして軽い汚れを浮かせる

髪を濡らす前に、櫛やブラシを使い髪の根元から毛先にかけて優しくブラッシングをしましょう。

髪を梳かすことで、ホコリやゴミなどの細かくて軽い汚れを浮かせて落とす効果があります。

また、髪同士の絡まりを解くこともできるので、洗髪時の無駄な抜け毛を減らす効果があります。

力を入れて溶かすと、髪が途中で切れてしまったり頭皮が傷ついたりする恐れがあるので、丁寧にゆっくりと梳かしてください。

ぬるま湯でしっかりと予洗いをする

シャンプーをする前にぬるま湯で予洗いをしましょう。

細かい汚れはある程度お湯で落とすことができるので、きちんと予洗いをしてください。

また、水分が頭全体に行き渡らせることで、この後にするシャンプーの泡立ちを良くする効果があります。予洗いはシャンプーの下準備となるので、重要な過程になります。

熱湯を使うと皮脂を落とし過ぎたり、キューティクル(髪の外側の部分)が剥がれたりする恐れがあります。これを防ぐためにも、ぬるま湯を使うようにしましょう。

シャンプーは泡立ててから頭に付ける

シャンプーは手のひらで泡立ててから頭に付けましょう。

頭に付けてから泡立てると、髪同士が擦れ合うことで泡立つため、摩擦が生じて髪が傷んでしまいます。

泡立ててから頭に付けると、この摩擦を軽減することが出来ます。

手のひらで泡立てることが苦手という方は、洗顔用の泡立てネットを使ってみてください。

指の腹で頭皮を揉み込むように洗う

洗髪時は指の腹を使って、頭皮を揉み込むように洗いましょう。

スッキリするからと爪を立ててガリガリと洗ってしまうと、爪で頭皮が傷ついてしまいます。

そのため、柔らかくて力加減が出来る指の腹で洗うようにしましょう。

また、ゴシゴシと洗わずに頭皮マッサージをするように揉み込みながら洗うと血行を良くすることが出来ます。

すすぎ残しが無いように洗い流す

シャンプーのすすぎ残しが無いように、隅々までしっかりと洗い流しましょう。

アミノ酸シャンプーは肌や髪に吸着しやすい特性があるので、全て洗い落としたと思っても目では見えないような細かい洗剤や泡が髪の間や毛穴に付着している恐れがあります。

髪をかきあげて隅々まですすぎ、ぬるつきが無いかしっかり確認してください。

 

詳しい洗い方は「わたしには合わない?アミノ酸シャンプーでかゆみを感じる3つの原因」でご紹介しています。

まとめ

アミノ酸シャンプーについて理解は深まりましたでしょうか?

主成分にアミノ酸系洗浄成分を使用しているシャンプーをアミノ酸シャンプーと言います。

洗浄力が適度なので、頭皮に必要な皮脂を守り余分な皮脂だけを洗い落とす働きをするため頭皮環境を整えることが出来ます。

頭皮に皮脂が保たれるので乾燥やフケ、炎症を防ぐことも出来るのです。

また、低刺激なので肌に優しく洗えることから、乾燥肌や敏感肌などの肌トラブルで悩んでいる方や薄毛・抜け毛で悩んでいる方にオススメです。

アミノ酸シャンプーを使って、頭皮と髪を健康にしましょう。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

関連記事

TOPIC : ヘアケア

アミノ酸シャンプーの6つの主成分と正しく覚えたい成分表示の見方...

2018.10.29

TOPIC : ヘアケア

髪の静電気を今すぐ抑える方法|静電気が発生する原因と6つの防止策...

2019.11.19

TOPIC : ヘアケア

髪を自然乾燥させるのはダメなの?髪が傷む理由と正しい乾かし方...

2019.11.27

TOPIC : ヘアケア

白髪が生えてくる仕組みと原因|若くても白髪が生えるって本当?...

2019.03.28

TOPIC : ヘアケア

朝シャンは頭皮に負担をかける恐れがある|メリットとデメリット...

2019.06.18

TOPIC : ヘアケア

紫外線を長時間浴びると頭皮や肌が老化する|老化を防ぐための対策方法...

2019.08.13