女性の美に貢献するcontributionがお届けする情報サイト

マイブレイクレッドスムージーは低カロリーで、美容や健康に効果的!

2018.07.06

  • カテゴリ:
  • ダイエット
  •   PR記事

みなさんはダイエット中に、甘いものを食べたくなったらどうしますか?

欲に任せて食べてしまってもダイエットの意味を成さないし、我慢をしてもストレスへと繋がってしまいますよね。

それほどダイエット中はカロリーに対して敏感になっています。

ここでみなさんにオススメしたいのが、マイブレイクレッドスムージーです。

マイブレイクレッドスムージーはバナナヨーグルト味で甘めに作られていますが、なんと1袋につき約19.8kcalという低カロリーなのです。

今回はマイブレイクレッドスムージーが低カロリーである魅力や、美容や健康にも効果があることをご紹介していきたいと思います。

マイブレイクレッドスムージーは約19.8kcalという低カロリー

みなさんがスムージーと聞いてまず想像するのは、野菜やフルーツを水や牛乳などと一緒にミキサーで混ぜて作るスムージーではないでしょうか?

野菜やフルーツを入れることで、栄養価が高く健康に良さそうなイメージがありますよね。

しかし、材料を切ったりミキサーを準備したりと手間が掛かってしまいます。

その点、マイブレイクレッドスムージーは粉末を水や牛乳に入れて混ぜて溶かすだけで簡単に作ることが出来ます。

この章では、マイブレイクレッドスムージーと手作りスムージーの違いや、カロリーについてご紹介していきたいと思います。

手作りスムージーとのカロリー比較

それではここで、マイブレイクレッドスムージーと手作りスムージーのカロリー比較をしていきたいと思います。

マイブレイクレッドスムージーは1袋につき、約19.8kcalという低カロリー。

次に、下記の手作りスムージーのカロリーの例をご覧ください。

 

【 例 】小松菜とバナナと豆乳のグリーンスムージー

( 材料:1人前 )

 バナナ  : 1本

 小松菜  : 50g

 はちみつ : 大さじ1

 豆乳   : 200㏄

  約276kcal(水の場合は約168kcal

 

実際に作るとなると自分で飲むものなので、水で割るよりも美味しくて飲みやすい牛乳や豆乳で割るスムージーが多くなってしまうのではないでしょうか。

水で割った場合でも、カロリーが普通のジュースとほとんど変わらないことが分かります。

このように、マイブレイクレッドスムージーと手作りスムージーのカロリーは大きく異なってくるのです。

混ぜる物によって変化するカロリー

マイブレイクレッドスムージーは1袋につき約19.8kcalとご紹介しましたが、それは粉末のみのカロリーとなります。

一番手軽に混ぜることが出来る水に混ぜたら約19.8kcal、そのままの低カロリーで飲むことが出来ます。

次に、手作りスムージーでもよく使用される豆乳や牛乳と混ぜた場合のカロリーをご紹介します。

例で述べたグリーンスムージーと同じ量の200㏄で例えると、このようになります。

● 豆乳(200㏄)と混ぜた場合、約127kcal

● 牛乳(200㏄)と混ぜた場合、約159kcal

手作りスムージーは約276kcalでしたが、同じ豆乳でもマイブレイクレッドスムージーは約150kcalもカロリーを抑えることが出来るのです。

マイブレイクレッドスムージーが持つ効果

マイブレイクレッドスムージーはダイエット効果はもちろんありますが、美容や健康の効果にも期待が出来ます。

・美肌効果

リコピンやカプサンチンなどの成分は紫外線から肌を守り、シミ予防、老化を防ぎ、肌のハリやツヤが出る作用があります。

・便秘改善

マイブレイクレッドスムージーに含まれる食物繊維と乳酸菌を一緒に摂ることで腸の働きが活発になり、腸内環境を整える効果があります。

・疲労改善

ビタミンやクエン酸は疲労物質を分解、排除する作用があるので、疲れにくい体にしてくれます。

まとめ

マイブレイクレッドスムージーは約19.8kcalという低カロリー。

手作りスムージーに比べてマイブレイクレッドスムージーはカロリーも低く、作る準備や後片付けに手間が掛かりません。

味はバナナヨーグルト味で甘めに作られているので、ダイエット中でも気にせず甘いものを摂取できます。

また、ダイエット効果だけでなく、美肌効果や便秘改善、疲労改善などの効果にも期待ができます。

皆さんも是非マイブレイクレッドスムージーを飲んでみてくださいね。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。