女性の美に貢献するcontributionがお届けする情報サイト

あなたのシャンプーは大丈夫?強すぎる洗浄力が頭皮に及ぼす影響

2018.11.01

  • カテゴリ:
  • ヘアケア
  •   PR記事

みなさんはシャンプーの洗浄力について、どれくらいご存知でしょうか?

言葉のイメージだと洗浄力が強い方が「汚れが落ちる」「スッキリする」といった印象を持たれるかと思います。

一方で、洗浄力の強いシャンプーを使っている方の中には、きちんと洗っているはずなのに頭皮がかゆくなるような不調を感じたことがあるかもしれません。

実は、洗浄力が強すぎるシャンプーは必要な皮脂まで洗い落としてしまうため、頭皮の潤いが失われ、フケやかゆみなどの頭皮トラブルをまねく恐れがあります。

頭皮環境を整えるには洗浄力が強すぎても弱すぎてもダメで、必要な皮脂を残して洗える適度な洗浄力が必要です。

今回は、シャンプーの役割や洗浄力について解説すると共に、肌に優しいシャンプーの選び方についてご説明していきます。

シャンプーをする目的とはなにか?皮脂を失いすぎると頭皮トラブルをまねく

洗浄力を説明する前に、皆さんが日々使用しているシャンプーの役割についてお話しします。

シャンプーをする一番の目的は、頭皮に付着している余分な皮脂(油脂状の物質)を洗い落し、健康な状態を保つことと、髪に付着したホコリやゴミなどの汚れを落とすことです。

頭皮に皮脂がある状態と聞くと、良くないイメージをする方も多いかと思います。もちろん、皮脂量は多すぎると炎症や吹き出物などの原因になります。

実は皮脂が少なすぎることでもフケや乾燥、乾燥を防ぐために皮脂腺が過剰な皮脂量を分泌する原因になってしまうのです。

健康な状態の頭皮環境を保つためには、常に頭皮に適正量の皮脂を残さなければいけません。

そのため、頭皮トラブルがないように頭皮環境を整えるためには、シャンプーの洗浄力は強すぎず弱すぎず、必要な皮脂だけを残せる適度な洗浄力を持つものを選ぶ必要があります。

シャンプーの洗浄力は、シャンプー後に皮脂が分泌されるまでの時間で調べることが出来ます。指で頭皮を触って、指がテカテカしていたら皮脂が分泌されていることになります。

通常、シャンプー後の頭皮には皮脂がすぐに出ませんが、ドライヤーを使わずにタオルだけで拭いた後、20分以内に皮脂が分泌されている場合は頭皮の皮脂量が多い状態です。逆に、30分以上皮脂が分泌されていない場合は頭皮の皮脂量が少ないと言えます。

どちらの状態も洗浄力が強すぎることの表れです。

高級アルコール系シャンプーの洗浄力は強すぎるため頭皮のダメージに要注意

ドラッグストアなどで販売されているシャンプーの多くは「高級アルコール系シャンプー」と呼ばれるシャンプーです。

高級アルコール系シャンプーは、一般的に安価な原料で大量生産できるため1,000円以下で販売されています。泡立ちが良い反面、強い洗浄力と刺激性を持ち合わせているため、頭皮の皮脂を根こそぎ落とし、潤いが過度に失われてしまいます。

具体的には、以下のような成分が高級アルコール系に分類されています。

  • ラウリル硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸ナトリウム
  • ラウレス硫酸アンモニウム

特に安く買えるという点では手にする機会もあるかもしれませんが、洗浄力が強すぎることでかえって頭皮トラブルをまねいてしまう恐れがあります。ドラッグストアなどでシャンプーを買う際は、これらの成分が入っていないかどうかを確認してみてください。

アミノ酸系洗浄成分は適度な洗浄力で頭皮や髪に優しく洗える

頭皮や髪に優しい適度な洗浄力を持っているのはアミノ酸シャンプーです。

アミノ酸シャンプーの最大の特徴は、頭皮を守るために常に残っていなければならない皮脂を守り、余分な皮脂や汚れだけを洗い落とせることです。また、非常に低刺激で保湿効果もあるため、頭皮を傷つけにくく、潤いを潤いを保ってくれることも特徴です。

そのため、頭皮トラブルの他にも敏感肌や乾燥肌、肌が弱くて悩んでいる方にもオススメです。

人の身体の60%は水でできており、残りの40%のうち20%は卵白質で出来ています。

アミノ酸は身体の血管や筋肉、皮膚や内臓などの元になるタンパク質を構成している成分になります。つまりタンパク質はアミノ酸から出来ているのです。

さらに細かく見ていくと皮膚や髪もアミノ酸から構成されているので、アミノ酸シャンプーは身体に優しいということになります。

そのようなアミノ酸シャンプーに含まれているアミノ酸系洗浄成分は以下になります。

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルアラニンNa

アミノ酸シャンプーは適度な洗浄力がありますが、その一方で、日本で流通しているシャンプーの大半は高級アルコール系シャンプーなので、強すぎる洗浄力に慣れている方が多いことも事実です。

そのため、アミノ酸シャンプーを初めて使った方の中には洗浄力が弱すぎてスッキリしないと感じる方もいるかと思いますが、これはアミノ酸シャンプーの洗浄力が弱すぎるわけではありません。

冒頭で触れたように、タオルで拭いた後に20~30分の間に皮脂が分泌されているかがチェックポイント。このチェック方法でアミノ酸シャンプーの洗浄力でも充分に汚れを洗い落とすことが確認出来るかと思います。

まとめ

シャンプー本来の役割と洗浄力の関係や、肌に優しいアミノ酸シャンプーの特徴について解説しました。

頭皮には常に適正量の皮脂が必要ですが、洗浄力が強すぎると汚れだけではなく必要な皮脂さえ根こそぎ洗い落としてしまい、頭皮トラブルの原因になってしまいます。

また、今の状態を知るためにシャンプーをした後の頭皮チェックをしてみてください。きちんとシャンプーをしているのに頭皮の調子が悪い場合は、ぜひ一度アミノ酸シャンプーを試してみてはいかがでしょうか。

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

関連記事

TOPIC : ヘアケア

アミノ酸シャンプーの6つの主成分と正しく覚えたい成分表示の見方...

2018.10.29

TOPIC : ヘアケア

あの食べ物には育毛を助ける効果がある!食事は髪の状態を左右する...

2019.04.10

TOPIC : ヘアケア

女性は女性用育毛剤を使おう!男性用育毛剤との違いと選び方...

2019.04.26

TOPIC : ヘアケア

アミノ酸シャンプーってなに?性質や効果、見分け方をご紹介...

2019.01.08

TOPIC : ヘアケア

顔と同じ様に髪も日焼けをしている!日焼けによる影響と対策方法...

2019.09.12

TOPIC : ヘアケア

ストレスを溜めると抜け毛が発生する|仕組みとストレス解消法...

2018.10.11