女性の美に貢献するCONTRIBUTIONがお届けする情報サイト

セルフホワイトニングは本当に白くなる?効果や費用をご紹介

2019.01.09

  • カテゴリ:
  • オーラルケア
  •   PR記事

今話題のセルフホワイトニングをご存知でしょうか?

セルフホワイトニングとは専門サロンなどへ行き自分でホワイトニングすることを言います。

歯科医院でするホワイトニングよりも費用が安いため気軽に行えます。

しかし、自分で施術するため、本当に効果があるのか疑問を抱く方もいるかと思います。

実はセルフホワイトニングには歯磨きだけでは落ちなかったステインやヤニ、歯垢の除去を促し本来の歯の白さを取り戻す効果はありますが、歯そのものを白くする効果はありません。

その理由は、漂白効果がある薬剤を使用出来るのは歯科医師のみなので、セルフホワイトニングでは漂白効果がある薬剤を使用することが出来ないのです。

今回は、セルフホワイトニングについてご説明していきます。

セルフホワイトニングとは?

そもそもホワイトニングは大きく分けると、自分で行うものと歯科医師や歯科衛生士の有資格者が行うものの2つに分類されます。

歯科医師や歯科衛生士以外の者が口の中に触れ施術をすることは、日本の法律では違法行為になります。

そのため、医療機関以外でホワイトニングをする場合は、自分で施術をするセルフホワイトニングが分類されます。

この章ではセルフホワイトニングの効果と施術内容をご紹介します。

セルフホワイトニングに漂白効果はないがステインは除去出来る

セルフホワイトニングで使用する薬剤は、歯科医院で使用するものとは異なります。

歯科医院で扱う薬剤は主に医薬品である「過酸化水素」や「過酸化尿素」などを用いて歯を漂白します。

一方セルフホワイトニングは法律上、医薬品を使用出来ないため、代わりに「ポリリン酸」「メタリン酸」「重曹」「酸化チタン」などを使用しています。

これらの薬剤に漂白効果はありませんが、喫煙や飲食によって歯の表面に付着したステインを落とし本来の歯の色に戻すことが出来ます。

本来の歯の色以上に白くすることは出来ないため、ステインが付着していない場合はセルフホワイトニングをしても効果はありません。

汚れを落として本来の色に近づけたい方はセルフホワイトニングを有資格者(歯科医師・歯科衛生士)にしか取扱できない漂白効果のある薬剤を使用し薬剤を活性させる専用機械を用い本来の色より白さを実感されたい方はオフィスホワイトニングをおすすめします。

また、歯科医院で使用する薬剤は強力なので痛みを感じる可能性がありますが、セルフホワイトニングは市販の歯磨き粉にも含まれている成分なので低刺激で痛みをほぼ感じることなく施術が出来ます。

セルフホワイトニングの目的と価格

セルフホワイトニングの価格は、1回2,000~5,000円が一般的です。

一方、歯科医院のホワイトニングは種類によっても異なりますが、1回高額だと数十万というところもあります。

セルフホワイトニングは、人件費や設備投資などがほぼかからないため、歯科医院のホワイトニングに比べて費用が大幅に安くなっています。

セルフホワイトニングの施術内容

施術内容はサロンによって異なりますが基本的な流れは以下となります。

1回の施術で③~⑤を何セットか繰り返します。(回数はサロンによって異なります)

①カウンセリング

詳しい施術方法やサービス提供内容を確認し、問題がない場合は同意書にサインします。(サロンによっては同意書がない場合もあります。)

同意書を確認せずにサインしてしまうと、口腔内トラブルや対人トラブルになりかねません。

必ずしっかりと確認してからサインをするようにしましょう。

また、不明点や悩みがある場合は、カウンセリングの時にスタッフに伝えましょう。

②歯磨き

施術前に歯磨きをします。

磨き残しがあると、効果を十分に感じられない可能性があります。

歯の表面や、歯と歯の間の汚れなどをしっかりと落としましょう。

③開口器を装着し歯の表面に薬剤を塗る

唇の乾燥防止にワセリンを塗布し、マウスオープナーという開口器を装着しホワイトニングの薬液を散布します。

歯茎に付着しないように気をつけ、ムラにならないよう均一に散布しましょう。

もし歯茎に薬剤が付着したとしても、ほぼホワイトニング歯磨き粉と同じ成分のため歯茎にダメージを与えることはありません。

④LEDライトをあてる

薬剤を散布したらアイガードを装着しLEDライトをあてます。

所要時間はサロンで使用されている機械によって異なりますが、約8分前後が一般的です。

⑤薬剤を拭き取る

LEDをあて終わったらマウスオープナーを外し残っている薬液を拭き取ります。

⑥歯磨き

③~⑤までを2セット繰り返し(サロンによって回数は異なります)最後に歯磨きをします。

セルフホワイトニングの注意点

セルフホワイトニングは専門のサロン以外に、ネイルサロンやまつげエクステのサロンに併設して行っているところもあります。

実際にセルフホワイトニングに行こうと思っても、様々なサロンがあり何処に行けば良いのか迷ってしまいますよね。

また、セルフホワイトニングをする際にどのようなことを注意すれば良いのでしょうか。

この章では、サロンの選び方やセルフホワイトニングの注意点をご説明します。

サロンの選び方

サロンを選ぶ際は、薬剤を開示していること、またその薬剤の成分が安全であるか事前に確認しましょう。

薬剤はサロンによって異なりますが、「ポリリン酸」「メタリン酸」「重曹」「酸化チタン」などの成分が主に使用されています。

基本的には使用している薬剤を開示しているサロンがほとんどですが、一部のサロンでは成分を開示せずに独自で開発した薬剤を使用しているところもあります。

このような場合は、違法な薬剤を使用している可能性があり要注意です。

歯の色自体は白くならない

漂白効果のある薬剤を使用できないので、ステインを落とすことしか出来ません。

そのため、ほぼ効果を感じられない可能性があります。(ステインが付着していない方は効果を感じにくいです)

セルフホワイトニングのみで歯を真っ白にすることは難しいでしょう。

手間がかかる

サロンまで足を運んでも、結局は自分で施術を行わなければならないので面倒に感じる人も多いでしょう。

歯科検診をしてもらえない

ほとんどのホワイトニング専門店には、歯科医師や歯科衛生士がいないため虫歯のチェックや、歯茎の状態のチェックをしてもらえません。

虫歯や歯周病など口の中が健康ではない状態でホワイトニングをすると痛みを感じる場合があります。

トラブルが起きても自己責任

自分で施術を行うため、トラブルが起きたとしても全て自己責任になります。

サロンのスタッフも医療知識がないことがほとんどのため、このようなトラブルが起きたとしても対応してもらえません。

セルフホワイトニングで使用される薬剤は少量の場合は、体に害を与えることはありませんが、要量を誤ると何らかの影響を及ぼす可能性があります。

少しでも不安に感じる人は歯科医院でのホワイトニングをおすすめします。

まとめ

セルフホワイトニングは費用が安く気軽に試すことができますが、歯そのものを白くすることは出来ません。

あくまで歯の表面のステインを落とすだけとなります。

歯そのものを白くしたい方は、歯科医院のホワイトニングをおすすめします。

また、セルフホワイトニングのサロンでは虫歯や歯周病の検査はしてもらえません。

そのため、事前に歯科医院で検査してもらうと良いでしょう。

 

※この記事は個人の感想であり、効果・効能を示すものではありません。

関連記事

TOPIC : オーラルケア

確実に歯を白くしたい人におすすめのホワイトニング方法3選をご紹介...

2019.01.08

TOPIC : オーラルケア

虫歯には5つの段階がある|原因や症状、予防方法をご紹介...

2019.08.30

TOPIC : オーラルケア

子供の歯磨きをスムーズにする方法!乳歯の虫歯は永久歯に影響する?...

2019.04.23

TOPIC : オーラルケア

コスパが良いのはホワイトニングテープよりホワイトニング歯磨き粉!...

2018.09.18

TOPIC : オーラルケア

【医師監修】あなたに合う歯ブラシはどの形?選び方次第で歯の健康が変わる!...

2020.01.20

TOPIC : オーラルケア

歯石取りは痛い?値段は?口臭の天敵である歯石について詳しくご紹介...

2019.02.13